舞妓さんの出来るまで 1植毛と結髪
2014年2月19日
c0147380_14413983.jpg
リカちゃんをスキンヘッドにして、地色をアクリル絵の具で着色。 はみ出した部分はマニキュアリムーバーを綿棒に付けて拭き取ればオッケー。 さて、完全に乾くまで待つとするか。

2014年2月20日
c0147380_14440915.jpg
c0147380_14441526.jpg
チクチク生え際に植毛してたんだけど、黒の地色がはがれてきた。 普通のアクリル絵の具じゃダメみたい。布や紙ならいいんだけどな。 そこで地色はマニュキアリムーバーで全部落とした。 通販でホビーカラーを買う。届くのは明日なので、今日はここまで、ブーブーちっ。
c0147380_14442211.jpg
ヤケになってリンゴのカラメリゼにアイスのっけて食べました。 なかなか道は遠いのぉ。

2014年2月21日
c0147380_14463132.jpg
前髪と、ビンにあたる部分ができました。一応。。。。 結ってみないと、足りてるのかどうか分かりませんが。 ああ、しんど。

2014年2月27日
c0147380_14495095.jpg
襟足のほうにも一列植えて、地肌はホビーカラーの黒で塗りました。
後は絵の具と髪が乾くのを待つとするか。。。

2014年2月27日
c0147380_14515393.jpg
くせとりのために、熱湯をぶっかけます。
毛の流れに合わせて、襟足と顔回りは別々に熱湯をかけました。
このまま乾くのを待ちます。
地肌に塗ったホビーカラーは熱湯で流れてしまい悲惨な状態になったので、リムーバーで全部落としました。毛が乾いたらマジックで塗ります。
結髪は来週かな?

2014年3月3日
c0147380_14531485.jpg
地肌は油性ペンで着色。
根にあたる部分に少し植毛。
結髪は髪が完全に乾いてからだな。

2014年3月5日
結いあげました。まげが大きすぎるかなぁ?
c0147380_15004420.jpg
着物が出来上がった時にバランスをみて、もっと小さくするかもしれません。
2014年3月6日
かんざしのぶらをリリアン糸に変え、まげを小さく結い直しました。
モデルがリカちゃんヘッドですから、新米舞妓さんの「割れしのぶ」という髪型です。
オビツボディと交換しました。
花簪は菜の花と桜と蝶々。三月の舞妓さんです。
c0147380_14550926.jpg

c0147380_14551313.jpg

c0147380_14552146.jpg
2014年5月10日
京都の結髪師の方にお伺いしたところ、髪飾りに誤りがあったので訂正しました。
c0147380_15094001.jpg
お店出しした舞妓さんは一年間、この橘のかんざしを挿します。
つまり新米舞妓の証です。花簪もぶらのついたものを一年間使うので良くも悪くも目立ちますね。
c0147380_15093480.jpg
ダンナに金属用接着剤で接着してもらいました。
玉が目立つようにビーズをかませてあります。

[PR]
by ningyoya7 | 2014-06-23 15:04 | 製作日記 | Comments(0)
<< 舞妓さんの出来るまで 2 籠 リベンジ・レース編みの花嫁 >>