「ほっ」と。キャンペーン
舞妓さんの出来るまで 2 籠
2014年5月2日
舞妓、芸妓さんの「お座敷籠」、つまりハンドバックですね。
冬は黒、夏は白木の籠が決まり、このような底が四角いものと、楕円形のものがあります。
最初クラフトペーパーバンドで作ってみたのですが、厚すぎてドールサイズにするのは無理。
そこで黒のカラーケント紙を2ミリ幅に切って、網代編みにしました。
c0147380_15234495.jpg
c0147380_15235167.jpg
c0147380_15235920.jpg
c0147380_15242539.jpg
c0147380_15270760.jpg

これで高さ1.5センチ、長さ4センチ、幅1.7センチです。
オビツボディに持たせたら、まぁなんとかそれらしい大きさになりました。
これに上布と紐をつけて完成です。
今日中に完成するかと思ったら、籠だけで5時間かかりました(汗)。ああ、しんど。
道のりは遠いですねぇ。

2014年5月3日
昨日編みあがった籠の縁に布を貼り付けます。
c0147380_15283637.jpg
穴糸で紐通しをかがりつけます。
このかがり方は、先日本物のお座敷籠を半玉ちゃんに見せてもらって習得。
c0147380_15284137.jpg
リリアン糸を通して蝶々結びして完成です。
c0147380_15284672.jpg
なかなか適当な大きさにするのが難しかったです。
実際はこんなに光沢のある布地は使わないようですが、ドール用なので敢えて派手な布にしました。

[PR]
by ningyoya7 | 2014-06-23 15:33 | 製作日記 | Comments(0)
<< 舞妓さんのできるまで 3衣装 舞妓さんの出来るまで 1植毛と結髪 >>