「ほっ」と。キャンペーン
舞妓さんのできるまで 3衣装
2014年5月12日
ひっさしぶりにミシンを出しました。
c0147380_15375415.jpg
裾よけです。ジェニー誌を参考にしたので、ウェストにダーツがたたんであります。
上半身の半じゅばんとセットになります。
材料を揃えるのに時間がかかってしまいました。
なんか、疲れた・・・。

2014年5月15日
半じゅばん完成。
c0147380_15393113.jpg
裾よけとセットです。着せてみました。
c0147380_15400365.jpg
c0147380_15401043.jpg
さて、半襟はどうしようかなぁ?

2014年5月16日
色々考えた結果、赤の土台布にレースを切り貼りしました。
c0147380_15412824.jpg
年少の舞妓さんは赤地の部分が多く、年長になると刺繍した白い部分が増えます。
c0147380_15413319.jpg
履物は「ぽっくり」とも「おこぼ」とも呼ばれます。実物は高さ15センチくらいなので、小柄な人でないと舞妓さんにはなれないそうです。
新米の舞妓さんなので、鼻緒は赤にしました。
市販品は黒塗りのものしか手に入らなかったので、銀色を混ぜて自分で着色しなおしました。
c0147380_15413824.jpg
2014年6月18日
私の振袖の端切れなので、柄を見ながら慎重に裁断。
c0147380_15465646.jpg
舞妓さんらしく可愛い柄が出るように気を付けて。
帯揚げどうしようかな?金の藤の端切れがあるけど、リアル路線でいくなら、銀で描かないといけないなぁ。

2014年6月22日
や~っと長着としごきが完成しました。
c0147380_15472924.jpg
三月の舞妓さんなので、袷で比翼付です。
ジェニー誌を参考に、身幅や襟ぐり等を調整しました。
ああ、しんど。
c0147380_15473312.jpg
c0147380_15473606.jpg

舞妓さんの帯揚げは赤地に銀箔が決まりです。
c0147380_15474174.jpg
ジェニー誌はそこまでこだわっていなかったけれど、リアル路線でいくことにしたので色々考えました。
結局、アルミホイルに両面テープを貼って、蝶々の形のクラフトパンチで型抜き。
マチバリでそ~っとはがして、赤ちりめん地にいっぱい貼り付けました。
新米舞妓ちゃんの設定だから可愛らしくていいんじゃんねっ!

2014年6月23日
赤いしごきの上に、幅広の帯の上を少し折り返して結んで・・・・、いわゆる「だらりの帯」です。
c0147380_15475172.jpg
向かって左が帯の織り出しの部分で、ここに舞妓さんの置屋の紋が入っています。
c0147380_15475417.jpg
つまり、迷子札というか、粗相するとすぐに誰だか分かってしまうシステムです。

舞妓さんは昔はもっと幼くて本当に子どもだったのですが、今は中学校を卒業しないと働けませんので、大きな身体を少しでも小さく幼く見せるように、だらりの帯の結び方も変わって後ろで交差させるようになりました。
c0147380_15474616.jpg
帯揚げ、帯締めを結んで、「ポッチリ」と呼ばれる大き目の帯留を留めて出来上がりです。
新米舞妓さんなので、帯揚げは幅広く見せます。年長になると少ししか見せません。

ポッチリは宝石が散りばめられた大変高価なものです。芸妓さんはあまり使いません。

やれやれ、やっと完成しました。今のブームは自家製抹茶寒天です。
c0147380_13132486.jpg

[PR]
by ningyoya7 | 2014-06-23 15:56 | 製作日記 | Comments(2)
Commented by さくら at 2014-08-04 22:51 x
はじめまして
色々と拝見させていただきました。
興味深い作品ばかりで、見入ってしまいました。
私も、バービーはじめ1/6ドールや、トナー社の1/4ドールに着物を着せています。知識や基本は無いので、ナンチャッてですが、、、。
また見せて下さいね。おじゃましました。
Commented by ningyoya7 at 2014-09-23 13:49
お返事がすっかり遅くなってしまい、大変失礼をいたしました。
ご訪問ありがとうございます。ボチボチと更新しております。
また是非いらしてください。
<< 舞妓さん 舞妓さんの出来るまで 2 籠 >>