ロミオとジュリエット
c0147380_1732127.jpg
14〜15世紀のイタリアの貴婦人の衣装です。ハイウエストの可憐な乙女のドレ ス。
多数の袖の切り込み(スラッシュ)から、わざとブラウスを引っぱり出して見せ るので、きっと白い花が並んだように見えていたことでしょう。

ロミオのタイツ(ショス)は左右違う色でつくることもありました。
トランプのジョーカーの衣装でお馴染みですね。
袖は毛糸でコーディングしてあります。

心中物なので暗い背景を選びました。
合成が思いがけずうまくいった一例です。

ジェニーのドレス作りにめざめたときに、
ぜひ、いつかは「ロミオとジュリエット」をと考えて
材料探しに駆け回った思い出の作品です。
日本ヴォーグ社刊 JeNny'94夏号掲載作品 です。


ジュリエットのキャップ
c0147380_11543796.jpg


横から 
c0147380_11575210.jpg

[PR]
by ningyoya7 | 2007-11-11 17:04 | 西洋の服飾の歴史 | Comments(0)
<< マルガリータ王女 人形屋プロフィール >>