カテゴリ:私のルーツ( 1 )
小萩人形
小萩人形とは山口県萩市の民芸品というか、婦女子のたしなみだったようです。
非常に小さなもので、これは台も含めて高さは12センチ弱です。
c0147380_12323777.jpg

元々は曾祖母の所蔵品で、没後、叔父から譲り受けました。幼少時、曾祖母の家に遊びに行くたびに見惚れていましたが、曾祖母が大事にしているのを知っていたので「私にちょうだい」とは言えませんでした。
c0147380_12335814.jpg

草履を履いて、杖と笠を持っているので旅の途中なのは分かりましたが、裾を引いているのが幼心に不思議でした。「泥だらけになっちゃう、可愛そうなお姫様・・・」
c0147380_12343025.jpg

それから半世紀、歌舞伎座に通う身となって、人形の正体がやっと判明しました。これは「義経千本桜」の「静御前」ですね!
c0147380_12345796.jpg

振り分け帯の赤姫、頭は吹き輪に、姫シケまで・・・。非常に精巧にできています。台も指物師の仕事でしょう。製造後80年は経ってますので、私が少し補修しましたが、鼻が欠損してますし、笠も傷んでます。
c0147380_12351091.jpg

玄孫の手を介して昨日、私の自宅にたどり着いた「静御前」。長い時間を旅しました。これからは曾祖母の思い出と一緒に大事にしてあげたいと思います。
[PR]
by ningyoya7 | 2014-11-06 12:37 | 私のルーツ | Comments(4)