「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:日本の童話( 8 )
浦島太郎
2014年10月27日
「昔話の三太郎」の二番手は浦島太郎です。

むかしむかし浦島は
助けた亀に連れられて
龍宮城へ来て見れば
絵にもかけない美しさ

c0147380_13144280.jpg

絵本「鶴の恩返し」jで作った衣装、他の昔話にも使えないかな~?と思い付き、カメを探し続けてン十年。昨今のネット環境の進歩のおかげで、ようやく陽の目を見ました。
背景はPhotoshopで少しいじってます。

今回、作ったと言える衣装は腰蓑だけですね。材料は小包用の麻紐。適当な長さにカットして、よりをほぐすために一本ずつアイロンかけました。お陰で「鶴の恩返し」のときよりも、蓑らしくなったと思います。下袴は市販のズボンをハサミでばっさり!

こっち向けて立たせてみました。
c0147380_13304764.jpg


後ろ姿はこちら
c0147380_1331880.jpg


さて、童謡の続きは・・・・・

乙姫様のごちそうに
鯛やひらめの舞踊り
ただ珍しく面白く
月日のたつのも夢のうち

遊びにあきて気がついて
おいとまごいも そこそこに
帰る途中の楽しみは
みやげにもらった玉手箱

帰って見れば こはいかに
元居た家も村も無く
みちに行きあう人々は
顔も知らない者ばかり

心細さに蓋取れば
あけて悔しき玉手箱
中からぱっと白けむり
たちまち太郎はおじいさん

南洋の島に漂流した漁民がモデルになったとか、お伽噺なのにハッピーエンドじゃないのは、竜宮城で乙姫様とイチャコラしてたからだとか、おじいさんはさらに鶴に変身して、亀になった乙姫様と仲良く暮らしたとかバリエーションがあるようです。
[PR]
by ningyoya7 | 2014-10-27 13:46 | 日本の童話 | Comments(0)
かぐや姫 Part2
2014年10月15日
c0147380_14485153.jpg

竹取物語については以前にも書いたので省略。
今回は一寸法師に引き続いて実寸サイズのかぐや姫です。
c0147380_14492488.jpg

モデルは身長10センチの「ようちえん あおいちゃん」です。
濃い茶髪だったので採用しました。
c0147380_14495225.jpg

おくるみにくるんで一丁あがり!じゃつまんないので、一応着物縫いました。
袖は平安調に袖口の大きな大袖に、見栄えを意識して片流しの前帯はチロリアンテープ。
c0147380_1450635.jpg

衣装よりも竹筒のほうが大変でした。竹筒は通販で手に入りましたが、ダンナにのこぎりで荒く切り落としてもらってから、断面をサンドペーパーでゴシゴシ、肩が痛くなりましたわ。竹筒の色はPhotoshopで緑色っぽく調整してます。
[PR]
by ningyoya7 | 2014-10-15 14:50 | 日本の童話 | Comments(0)
金太郎
2014年10月10日
昔話の「三太郎」といえば、桃太郎、金太郎、浦島太郎で、皆童謡になってますね。
さて、トップバッターは金太郎です。まずは童謡のおさらい。

まさかりかついで 金太郎
くまにまたがり おうまのけいこ
ハイシ ドウ ドウ ハイ ドウ ドウ
ハイシ ドウ ドウ ハイ ドウ ドウ

あしがら山の 山奥で
けだもの集めて おすもうのけいこ
ハイシ ドウ ドウ ハイ ドウ ドウ
ハイシ ドウ ドウ ハイ ドウ ドウ
c0147380_11343421.jpg

身長10センチの「ようちえんりくくん」にかつらを製作、金太郎さんに変身してもらいました。クマさんは引出に眠っていたクリスマス・オーナメントなので、ちと顔が洋風なのはご勘弁。2体とも小さすぎてお馬の稽古をさせるのは無理でした。おしりがプリティーでしょ?
c0147380_11353815.jpg

まさかりは、竹串と軽量粘土に着色しました。
c0147380_11381527.jpg

実は金太郎はやまんばに育てられたとか、長じて坂田金時となり、源頼光の家来となって、大江山の酒呑童子の鬼退治に参加したとか、金平牛蒡の由来になったとか、そもそも幼名に「太郎」はおかしいとか、色々とまつわるお話には欠かない人物ではあります。
最後に2体の後姿を・・・。
c0147380_11391015.jpg

[PR]
by ningyoya7 | 2014-10-10 11:39 | 日本の童話 | Comments(2)
牛若丸
2014年9月23日
リカちゃんに植毛して結髪、牛若丸に変身してもらいました。
c0147380_13514817.jpg

さて、かの童謡「牛若丸」より
京の五条の橋の上 大のおとこの弁慶は 
長い薙刀ふりあげて 牛若めがけて切りかかる

牛若丸は飛び退いて 持った扇を投げつけて 
来い来い来いと欄干の 上へあがって手を叩く

前やうしろや左右 ここと思えば またあちら 
燕のような早業に 鬼の弁慶あやまった

という訳で・・・
欄干に飛び乗って弁慶に扇を投げつける直前のシーンを狙ってみた、というわけです。
もちろん、高下駄でこんな芸当ができるはずはありませんが、あくまでイメージです、イメージ(笑)。

さて、まず被った薄衣を脱がしてみましょう。
c0147380_1481059.jpg


髪型は「稚児輪」。歌舞伎の鬘や、絵画もあたりましたが、今回はあくまで平安末期の男性なので、女性のように前髪はとらず、また、びんやたぼもとりませんでした。手植毛なのでもみあげがあります。また、人形ですので、まげは実物よりも大きめにし、眉毛を遊んでみました。
c0147380_14354283.jpg


衣装は水干です。狩衣との違いは頸のくくり紐と菊とじだけのようです。以前「かぐや姫」で狩衣を作りましたが、間違って背縫いを作ってました。後ろ身頃は今回のように一つ身が正解です。
c0147380_14213779.jpg


弁慶が欲しがったくらいですから金ぴかの、ドハデな太刀にして佩緒を取り付けました。前後とも結び目のある実戦向きの取り付け方法です。「源義経」のときは丸紐で作ってしまいましたが、今回の平紐が正解です。
c0147380_14311114.jpg


さて、別の角度から
c0147380_14383248.jpg

ぼかし染めの袴を一度作ってみたかったんですが、裁断が大変でした。。

最後にもう一度薄衣を被ってもらいましょう。平安末期の設定ですので、まだ「かつぎ」は出現していないことにしました。 女性の外歩きが自由になると、袖付けの位置が肩線よりも後ろにずれ、被った時に前がもっと
隠れる「かつぎ」が出現します。 というわけで、今回は只の薄衣を被っています。織柄のある白布を採用。たぶん貰い物です。 型紙は昔作ったリカちゃんの小袿姿から流用しました。色々と作っておくものですね。
c0147380_14431984.jpg

この姿を見咎めた弁慶が「ちょ~っと、待ったーーー!!!」と声をかけたわけですな(笑)。

七夕に植毛から始めて、お彼岸でアップしました。暑いときはあまり手が進みませんね。
[PR]
by ningyoya7 | 2014-09-23 14:53 | 日本の童話 | Comments(0)
絵本 鶴の恩返し
堂々7場面構成。 絵本仕立ての『鶴の恩返し』お楽しみください。
c0147380_13371523.jpg


昔々、川のほとりで一羽の鶴が、傷ついて苦しんでおりました。
そこへ一人の若者が通りかかりました。若者はかわいそうに思って、 その傷をなおしてやりました。
鶴はうれしそうに飛んでいきました。
c0147380_13415596.jpg


その夜、ひとりの美しい娘が若者を訪ねてきました。
「道に迷って困っております。どうか、一晩泊めて下さい。」
「それは気の毒に、どうぞ泊まっておゆきなさい。」
娘はその夜からどこへも行かず、若者と一緒に暮らすようになりました。
c0147380_1338987.jpg


若者は娘と暮らしてたいそう幸せでした。ある日、娘が言いました。
「私に機を織らせてください。でも、決して部屋の中を見ないで下さい。」
娘は毎晩毎晩、機を織り続けました。
やがて織り上がった布は、若者が今まで見たこともないほど、すばらしい布でした。
「この布を町で売って来て下さい。きっと高く売れるでしょう。」
c0147380_13384276.jpg


布はたいそう高く売れました。喜んだ若者はもう一枚、布を織ってくれるように、娘に頼みました。
「では、もう1枚だけですよ。布が出来上がるまで、決して決して部屋の中を見ないでください。」
また、娘は機を織り始めました。
娘は何も食べず、毎晩毎晩、機を織る音が聞こえてきます。
若者は心配になり、とうとう戸を開けて中を見てしまいました。
c0147380_13392515.jpg


と、これはなんとしたことでしょう。部屋の中には娘はいませんでした。
そこでは、一羽の鶴が機をおっておりました。鶴は自分の羽根を抜いて、それで機を織っていたのです。
c0147380_134027.jpg


「あれほど見ないでくださいと言ったのに、どうして見てしまったのですか。私は、いつか貴男が助けて下さった鶴です。鶴であることを知られてしまったのでは、私はもう、この家にはいられません。」
c0147380_13404749.jpg


鶴は泣きながら、山のむこうへ飛び去ってしまいました。
若者は鶴が飛び去っていくのを、悲しく見送りました。
c0147380_13411973.jpg



それは、数年前のこと・・・
キティさんの「『オペラ・夕鶴』はどうや?」の一言から始まりました。

これは、新春を飾るにふさわしい題材です。
最初に、白い着物を着た娘が、若者に別れを告げる場面が頭に浮かんだので、まずこれを正月休みに製作。
しかし、
「お化けじゃね~のか?」
と、いちゃもんを付けるヤツがウチにいた。
やっぱり、「み~た~な~」の場面が必要です。 作ってやろうじゃありませんか、全場面を!

当初は、「鶴を助ける」「雪の夜、男を訪ねる女」「機織りする鶴」「別れ」・・・と、起承転結を付けて4場面だけのつもりが、絵コンテを作って考えるうちに、堂々7 場面になり、
「それでは、従来のジェニー服飾博物館とは違った演出で、絵本仕立てに」
の、みにーさんからのお申し出を受けて、この作品が出来上がりました。


◆ ◆ ◆
c0147380_13584126.jpg

さて、娘は黒髪と植え換え、着物は対丈の小袖仕立てになっております。
髪型は室町~戦国時代のもの。 白い着物は鶴の気品を、ピンクの着物は恋する乙女の愛らしさを表現しました。市松模様の帯は友人にいただいたリボンの端切れです。蓑笠&藁靴は小包紐とフェルト製です。
機織り機を置く、何にも無い板の間は、桂離宮の廊下の写真を加工して作りました。
機織り機は江戸時代末期に、外人カメラマンが撮影した白黒写真に着色しました。

また、和服には左右があるので、人形は右側、左側、正面の3方向から撮影し、画面の構成を見て採用する写真を決定しました。
笠の影で暗くなる若者の顔には、御菓子の缶の蓋で反射光を当てて撮影しました。
表紙は10年以上前に3カ月かけて製作した「四季のキルト・冬」の一部分です。釧路湿原の写真からデザインを起こしたものです。


参考資料:「湿原の妖精たち・タンチョウ」井出 義雄 京都書院
     「木の住まい」朝日新聞社編
     「写真で見る幕末・明治」世界文化社
     「江戸の暮らし図鑑」高橋 幹夫 芙蓉書房出版
[PR]
by ningyoya7 | 2008-05-24 14:01 | 日本の童話 | Comments(2)
かぐや姫
c0147380_13234248.jpg

竹から生まれた女の子が、実は月の世界の人間で、十五夜に育ての親と泣く泣く別れて月に帰って行く、形見に不老不死の薬を渡したものの、かぐや姫のいない世界で長生きしてもしかたがないと、薬を山に捨ててしまう。その山は「ふしのやま」(富士山)と、呼ばれるようになった。
ご存じ「竹取物語」をジェニーとレイフに演じてもらいました。十二単はジェニー誌のとうりに、金髪は黒髪と植え換え、お雛様にならないように、レイフには狩衣を着せました。おとぎ話らしく 、かぐや姫は襟を金襴で、引腰はブレードで飾りました。

さて、十二単は江戸時代の庶民の呼び方で、正式には「女房装束」または「唐衣裳装束」(からぎぬもしょうぞく)と呼ばれます。長袴、単(ひとえ・濃い赤)、五衣(いつつぎぬ・ピンク)、表衣(おもてぎぬ・オレンジ)、唐衣(からぎぬ・金襴)、裳(も・白いプリーツ)と、重ね合わせる色彩の美しさが競われました。実際に十二枚重ねたわけではなく、十二は単に沢山重ねたという意味。
c0147380_13313268.jpg

この豪華な衣装は裳の引腰(前に下がっている飾り帯)1本だけで固定されているので、裳をはずすと、脱げた衣装はそのままに、女性はスルリと袴姿になれました。ここから「もぬけのから」という言葉ができましたとさ。
横から 裳が優雅ですね
c0147380_126337.jpg

後ろ姿 たけなす黒髪は女性の美の象徴
c0147380_1262088.jpg


狩衣(かりぎぬ)は文字どおり狩猟時に着用したもので、後ろ身頃にだけ袖が縫い付けられて、袖にはくくり紐が付き、直衣(のうし)に比べると活動的になっています。くくり袴を履きます。
正面から 狩衣の素材は身分に関係なく自由に選べました
c0147380_1271029.jpg

横から 肩口から単衣の赤がちらりと
c0147380_1272742.jpg

後姿 後ろはスリムですね
c0147380_1274532.jpg

寄り添う二人
c0147380_1291719.jpg

最後は二人仲良くアップで
c0147380_129316.jpg

[PR]
by ningyoya7 | 2008-05-24 13:35 | 日本の童話 | Comments(4)
織姫と彦星
c0147380_13203726.jpg

制作当時は時間的に余裕がなく、季節物のネタを必死で考えてデザインに大変苦労した思い出の作品です。
唐時代の衣装を参考に、織り姫は比較的に楽に決まったのですが、彦星が難物で、とうとう漫画からデザインを拝借して”ロマンチックな牛飼い”を作りあげました。
[PR]
by ningyoya7 | 2008-05-24 13:22 | 日本の童話 | Comments(2)
一寸法師
c0147380_13182779.jpg

身長約10センチの実寸サイズの一寸法師です。
実際にお椀に人形を仕込んでみて、一寸法師ってこのサイズだったんだ~と改めて納得。
水に浮かんでいる感じを表現するのに苦労しました。
モデルはリカちゃんの双子のいもうとマキちゃん。
リカちゃんって6人きょうだいの長女なんですよ。
[PR]
by ningyoya7 | 2008-05-24 13:19 | 日本の童話 | Comments(2)