浦島太郎
2014年10月27日
「昔話の三太郎」の二番手は浦島太郎です。

むかしむかし浦島は
助けた亀に連れられて
龍宮城へ来て見れば
絵にもかけない美しさ

c0147380_13144280.jpg

絵本「鶴の恩返し」jで作った衣装、他の昔話にも使えないかな~?と思い付き、カメを探し続けてン十年。昨今のネット環境の進歩のおかげで、ようやく陽の目を見ました。
背景はPhotoshopで少しいじってます。

今回、作ったと言える衣装は腰蓑だけですね。材料は小包用の麻紐。適当な長さにカットして、よりをほぐすために一本ずつアイロンかけました。お陰で「鶴の恩返し」のときよりも、蓑らしくなったと思います。下袴は市販のズボンをハサミでばっさり!

こっち向けて立たせてみました。
c0147380_13304764.jpg


後ろ姿はこちら
c0147380_1331880.jpg


さて、童謡の続きは・・・・・

乙姫様のごちそうに
鯛やひらめの舞踊り
ただ珍しく面白く
月日のたつのも夢のうち

遊びにあきて気がついて
おいとまごいも そこそこに
帰る途中の楽しみは
みやげにもらった玉手箱

帰って見れば こはいかに
元居た家も村も無く
みちに行きあう人々は
顔も知らない者ばかり

心細さに蓋取れば
あけて悔しき玉手箱
中からぱっと白けむり
たちまち太郎はおじいさん

南洋の島に漂流した漁民がモデルになったとか、お伽噺なのにハッピーエンドじゃないのは、竜宮城で乙姫様とイチャコラしてたからだとか、おじいさんはさらに鶴に変身して、亀になった乙姫様と仲良く暮らしたとかバリエーションがあるようです。
by ningyoya7 | 2014-10-27 13:46 | 日本の童話 | Comments(0)
<< 小萩人形 かぐや姫 Part2 >>